Google マーケティング プラットフォームの全ツールを徹底解説

Blog

Google マーケティング プラットフォームとは

「Google マーケティング プラットフォーム」は、20018年にGoogleが発表したツール群の名称で、「DoubleClick for Search」「DoubleClick for Advertiser」「DoubleClick Campaign Manager」などをはじめとする「DoubleClick」製品と「Google アナリティクス」「Googleタグマネージャー」「Google オプティマイズ」をはじめとする「Googleアナリティクス360スイート」を統合したツール群のことを指します。

ソース:Introducing Google Marketing Platform

「Google アナリティクス 360 スイート」が「Google マーケティングプラットフォーム」という名前に変わったという説明がされている記事が散見されますが、正しくは旧DoubleClick製品と「Google アナリティクス 360 スイート」の両方のツールを含んだ名称となっていることにご注意ください。

Google マーケティングプラットフォームに含まれるツール

Google マーケティング プラットフォームに含まれるツールは下記となります。

  1. 検索広告360 :検索連動型広告の統合管理ツール(通称SA360)
  2. ディスプレイ&ビデオ360:GoogleのDSP (通称DV360)
  3. キャンペーンマネージャー:広告サーバー
  4. スタジオ:クリエイティブ作成ツール
  5. Google アナリティクス360:ウェブサイトのアクセス解析ツール
  6. Google タグマネージャー360:タグの統合管理ツール
  7. Google データポータル360:ダッシュボードツール
  8. Google オプティマイズ360:ウェブサイトのA/Bテストツール
  9. Google サーベイ360:アンケート収集ツール

それぞれのツールの関係性を図にすると下記のような図になります。それぞれのプロダクトが円でつながれているように、それぞれのツール間でデータを連携できるのがGoogle マーケティングプラットフォームの大きな強みと言えます。例えば、Google アナリティクスを使って特定のページを訪れたユーザーをもとに、ディスプレイ&ビデオ360で広告を配信する、といったことが可能になります。

Google マーケティング プラットフォーム エコシステム

Google マーケティング プラットフォームは、基本的にはエンタープライズ向けの製品で、ある程度の広告出稿規模のある広告主や広告代理店が想定顧客となっているため、検索広告360、ディスプレイ&ビデオ360、キャンペーンマネージャーは有料版のみの提供となっていますが、その他のツールは無料版と、360と名前がつく有料版が用意されていて、有料版には使用できるデータの量が増えるなどのメリットがあります。Google アナリティクスやGoogle タグマネージャーなどは無料版を使っている方も多いのではないでしょうか?

それでは、それぞれのツールに関する概要を紹介していきます。

検索広告360

検索広告360は旧「DoubleClick for Search」という検索連動型広告の統合管理ツールで、英語名が「Search Ads 360」なので、通称SA360(えすえーすりーしっくすてぃー)と呼ばれています。

ソース:Google マーケティング プラットフォーム > 検索広告360

Google広告では、通常Googleの検索連動型広告のみに広告を出稿しますが、検索連動型広告360を使用すると、複数の検索エンジンを横断して検索連動型広告の出稿を管理することができます。例えば、検索広告360にキーワードを入稿するだけで、Google広告とYahoo!広告の双方に検索連動型広告を出稿することができるようになります。また、自動入札機能や予算の管理なども検索エンジンを横断して管理することができるため、予算管理をするにも役立ちます。

対応している検索エンジンは下記となります。

  • Google(Google 広告)
  • Bing(Microsoft Advertising) ※日本の場合はYahoo! JAPANの検索パートナー
  • Yahoo! JAPAN(Yahoo! 広告)
  • 百度
  • Yahoo! Gemini

検索広告360の基本的な仕組みとしては、各広告プラットフォームのAPIを通じてキーワードの入稿や入札価格の調整などを行っています。仕組みとしてはAPI経由でキーワードや広告文を一括入稿するツール「Google広告エディタ」と同じなので、APIのアップデートがあった後に新機能が検索広告360に実装されます。

検索広告360の料金に関しては、基本的には初期設定費と検索連動型広告の出稿金額に応じた料率が決められており、販売代理店によって料金も変わります。検索広告360にご興味のある方は下記のパートナーギャラリーに掲載されているGoogleの認定販売代理店にご連絡ください。

ディスプレイ&ビデオ360

ディスプレイ&ビデオ360は旧「DoubleClick Bid Manager」というDSP(Demand Side Platform)で、英語名が「Display&Video 360」なので、通称DV360(でぃーぶいすりーしっくすてぃー)と呼ばれています。

ソース:Google マーケティング プラットフォーム > ディスプレイ&ビデオ360

ディスプレイ&ビデオ360はGoogleのDSPで、YDN(Yahoo! ディスプレイアドネットワーク)などをはじめとするGoogle以外のネットワークにもディスプレイ広告を配信することができます。また、事前に買付可能な広告枠を調べることができ、広告を配信した場合どのくらいのユーザーにリーチするかなどを事前に予測することができます。また、買付を検討している広告枠に訪れるユーザーがどのようなユーザーかをGoogleの分類に基づいて調べることも可能です。

タクシーに搭載されているタブレットに広告を表示することができる「タクシー広告」などの買付けもディスプレイ&ビデオ360経由で買付が可能です。

ディスプレイ&ビデオ360も、検索広告360と同様に初期設定費用と出稿金額に応じたシステム使用料が発生します。詳細な価格については販売代理店ごとに若干異なりますので下記のパートナーギャラリーからお問い合わせすることをおすすめ致します。

キャンペーンマネージャー

キャンペーンマネージャーはもともとは「DoubleClick Campaign Manager」という名称の広告サーバーです。ディスプレイ広告に使用する画像ファイルをキャンペーンマネージャーにアップロードしてホストし、Yahoo! JAPANトップページのブランドパネルなどのような予約型ディスプレイ広告の配信を行うツールです。

広告サーバーの歴史は比較的古く、インターネット黎明期の90年代に活躍したツールです。Yahoo! JAPANやInfoseek、gooなどのポータルサイトが乱立してくると、各ポータルサイトの営業にディスプレイ広告の画像素材を手渡すのが煩雑になってきたり、各社でレポートのフォーマット、インプレッションの定義などが異なっていたことから第三者にディスプレイ広告の画像素材をホストしてタグやURLを広告枠に渡して広告を配信する広告サーバーが利用されるようになりました。このことを「第三者配信」「3rd Party Ad Serving」と言います。

しかしながら、GDN、YDNなどのアドネットワークが主流になるにしたがって予約型ディスプレイ広告の存在が相対的に弱まる中で、GDNなどのアドネットワークにリッチクリエイティブ広告(管理画面のデフォルトの広告作成ツールでは表現できない情報がリッチなクリエイティブ)を配信するツールに変貌を遂げていきました。

また、現在ではキャンペーンマネージャーでインプレッションピクセル発行し、広告枠に埋め込むことで、広告のビューワビリティ(広告が実際にユーザーに見られたかどうか)を計測することで、インプレッションを加味したアトリビューション分析を行うことに利用できます。GA360を契約しているとキャンペーンマネージャーとGA360をリンクすることができるようになりますので、広告のビューの効果がどのチャネルに寄与したかを自然検索などのオーガニック領域も加味して分析することができます。

キャンペーンマネージャーの価格は、ホストしたクリエイティブまたはインプレッションピクセルの1000回表示あたりの料金(CPM)が決められています。こちらも各販売代理店によって料率が違いますので、詳細については下記のパートナーギャラリーよりお問い合わせしてみてください。

スタジオ

Studio はクリエイティブを作成しやすくするツールです。柔軟にクリエイティブを作成し、クリエイティブ アセットを管理できます。Google Web Designer コンポーネントを使って HTML5 クリエイティブを作成したり、好みの HTML 作成ツールで Studio の HTML5 API を使って作成したり、両者を併用したりすることができます。

スタジオで作成したクリエイティブは、ディスプレイ&ビデオ360やキャンペーンマネージャーにを通じて配信することが可能になります。スタジオで制作されたクリエイティブの事例は下記のGoogleリッチメディアギャラリーにて掲載されていますので、ご興味ある方は下記のリンクより訪問してみてください。

ソース:Google リッチメディアギャラリー

スタジオの使用料は無料ですが、フォーム経由で利用申請をする必要があります。申請方法に関しては下記のリンクをご参考ください。

Google アナリティクス360

Google アナリティクスは言わずとしれたウェブサイトのアクセス解析ツールです。もともとはUrchin社が開発していたサービスですが、Googleが買収したことにより無料公開され、世界中に普及していきました。

Google アナリティクスは元々はページビューなどを計測するアクセス解析を中心に利用されてきました。しかしながら、近年ではGoogle が「Google Analytics as Soft DMP」と提唱するように、企業の持つCRMデータと接続してマーケティング活動に活用するオーディエンスリストを作成する、などの使われ方も盛んになってきました。

無料版のGoogle アナリティクスと有料版のGA360の大きな違いはいくつかありますが、下記の点が挙げられます。

  • 非サンプリングデータ
  • 検索広告360、ディスプレイ&ビデオ360、キャンペーンマネージャーとの連携
  • BigQueryへのエキスポート
  • カスタムディメンション・メトリクスの上限数が200
  • 4時間ごとのデータ更新

インプレッションを加味したアトリビューション分析を行う際にはキャンペーンマネージャーと連携することでインプレッションパスが可視化できます。また、GA360ではBigQueryへのエキスポート機能がついているので、GAのデータとCRM-IDに紐づくデータなどをBigQueryの中で統合して分析することが可能になります。高度な分析を行うには必須な機能です。無料版と有料版の違いに関しては下記の公式サイトのページをご参考ください。

有料版の料金に関しては、ヒット数(ページビューなど、GAのサーバーにアクセスが発生する回数)に応じて利用金額が決まっています。基本的にはライセンスの費用とサポートの費用が発生しますが、詳細な料金に関しては各販売代理店で異なりますので、下記のパートナーギャラリーから販売代理店にお問い合わせいただければ幸いです。

Google タグマネージャー360

Google タグ マネージャーは、ウェブサイトやモバイルアプリに含まれる「タグ」(トラッキング コードや関連するコードの総称)を素早く簡単に更新できる「タグ管理システム」です。ウェブサイトのソースコードにGoogle タグ マネージャーのタグを設置すると、あとはGoogle タグマネージャーの管理画面上でGoogleアナリティクスや、Google広告のコンバージョンタグなどをはじめとする様々なタグを管理することが可能になります。

ソース:Google マーケティングプラットフォーム > Google タグ マネージャー

よく使用されるタグにはすでにテンプレートが用意されており、タグが発行されるプラットフォームで発番される固有のIDを入力し、タグが発火するURLなどの条件を「トリガー」で設定するだけでタグの設置が完了します。サポートされているタグの一覧は下記をご参考ください。

ウェブサイトのソースコードに複数のタグを直に貼ると、ウェブサイトの読み込み速度にも影響しますので、タグの設置にはGoogle タグマネージャーを利用することをおすすめします。

また、Google タグマネージャーの「データレイヤー」機能を活用することで、ユーザーの会員IDや、商品ID、売上などを動的に取得することが可能になります。Google アナリティクスを活用した高度な分析や、Google 広告の動的リマーケティング広告などを活用する際に便利な機能になっていますので、ぜひ活用することをおすすめ致します。

Google タグマネージャー360はGoogle アナリティクス360の契約に付随しており、Google アナリティクス360を契約すると無料でアップグレードされます。有料版と無料版の機能の違いについては下記のページをご参考ください。

Google データポータル360

Google データポータルは、お使いのデータを、読み取りや共有が容易で柔軟にカスタマイズできる便利なダッシュボードツールで、無料で利用することができます。英語名は「Google Data Studio」(データスタジオ)なので、英語で資料を探すときにはご注意ください。

ソース:Google マーケティングプラットフォーム > Google データポータル

Google データポータルには様々なデータソースと連携するコネクターが用意されているので、簡単にダッシュボードにデータを取り込むことが可能です。Google広告、アナリティクス、検索広告360、ディスプレイ&ビデオ360などGoogleマーケティングプラットフォームのツールだけ見ても様々なデータが蓄積されているので、それをいちいちログインして確認するのは大変な手間になってしまいます。近年では、広告代理店のレポートにこうしたダッシュボードツールが使用されるなど、利用も進んでいます。

ソース:Google マーケティングプラットフォーム > Google データポータル

ビッグデータの可視化ツールとして、大企業を中心にTableau、Looker、Datorama、Domoなど様々なツールが導入されていますが、高機能なだけに価格もそれなりにかかることもまた事実です。まずはGoogle データポータルで試してから前述のようなダッシュボードツールを検討してみることをお勧めします。

Google オプティマイズ360

Google オプティマイズを使用すると、A/Bテストなどのさまざまなパターンのウェブページをテストして、指定した目標に照らしてページの掲載結果を確認できます。オプティマイズはテストの結果をモニタリングして、最良の結果を得られるページの構成を特定します。

ソース:Google マーケティングプラットフォーム > Google オプティマイズ

実施できるテストの主な種類は下記の通りです。

  • A/Bテスト:同じウェブページの複数のパターン(A と B)を使ったランダム化テストです
  • リダイレクトテスト:別個のウェブページ同士を比較するテストです
  • 多変量テスト:複数の要素を持つパターンを同時にテストし、最良の組み合わせを特定します

また、Google オプティマイズ上で直感的には画像やテキストを変えたり、ブログのパーツの位置を変えたりすることができます。このブログの場合はサイドカラムと本文が記載されるメインカラムの位置を変えたりなども容易に行うことができるので、実際に触ってみるととても楽しいツールです。主にランディングページやフォーム周りなど、コンバージョンに直結するページで使用することをお勧めします。ボタンの色、大きさを変えるだけでもコンバージョン率が如実に改善するケースがあります。

Google オプティマイズの利用にはGoogle アナリティクスの使用がセットとなっており、連携が必要になります。360にアップグレードすると、Google アナリティクスで作成したオーディエンスリストに基づいてA/Bテストができるようになります。有料版と無料版の比較は下記のサイトをご参考ください。

有料版の料金はGoogle アナリティクス360の料金に連動していますので、有料版をご利用の際は既存のGoogle アナリティクスの販売代理店にご連絡いただくか、下記のパートナーギャラリーより販売代理店をお選びいただきお問い合わせすることをおすすめ致します。

Google サーベイ360

Google サーベイは市場調査のためのツールです。オンライン アンケートを手軽に作成し、集めたデータをビジネス上の意思決定に役立てることができます。ユーザーはアンケートに回答することでウェブ上で高品質なコンテンツにアクセスできるようになり、サイト運営者はユーザーの回答数に応じた支払いを受け取ります。回答データは Google によって自動的に集計、解析され、わかりやすいオンライン インターフェース上に表示されます。

ソース:Google マーケティングプラットフォーム > Google サーベイ360

360にアップグレードすると、サーベイの対象ユーザーに、Google アナリティクスやGoogle広告のオーディエンスを利用することができるので、自社サイトの特定のウェブページに訪問したユーザーに対してアンケートを配信したり、Google広告をクリックしたユーザーなどに対してアンケートを配信することが可能になります。無料版と有料版の比較は下記をご参考ください。

世界最大級のGMP販売パートナーJellyfish

Jellyfish は英国に本籍を置く世界最大級のGoogle マーケティング プラットフォームセールスパートナーで、グローバルで1300人以上のエキスパートが在籍しております。もし上述のGoogle マーケティングプラットフォームのいずれかのツールにご興味ございましたら、パートナーギャラリーの下記のページよりご連絡いただければ幸いです。(もしくはこのブログのお問い合わせでも構いません。)

すでにいずれかのツールをご利用されているケースがほとんどかと思いますので、現在のご利用状況に即した形で最適なプランをご提案させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローをお願いします。
最新の記事をSNS経由でお知らせします
この記事を書いた人
杓谷 匠

1984年生まれ。2008年に新卒でGoogleに入社して以来、一貫して運用型広告の世界に従事。2010年にスタートアップに参画するも、川原で膝を抱える日々を経験。その後、Tripadvisor、Google、ATARAを経て、2019年に英国に籍を置く世界最大級のGMPパートナーJellyfishの日本法人の立ち上げに参画。

杓谷 匠をフォローする
Blog
スポンサーリンク
Shakky's Notes
タイトルとURLをコピーしました