Googleデータポータルに「Google サーベイ」と「Google アナリティクス 4」のコネクターが登場

2020年10月、GoogleはGoogleデータポータルに「Googleサーベイ」と「Google アナリティクス 4」の2つのコネクタを搭載したことを発表しました。

現在、Google データポータルのユーザーは、数回クリックするだけで300以上のデータセットにアクセスできます。Google広告、BigQuery、CRMデータなど、データソースの設定に時間を取られることなく、インサイトの発見と共有に時間を割くことができます。

今回、「Google サーベイ」コネクタを使って市場調査データにアクセスしたり、「Google アナリティクス 4」コネクタを使って次世代のGoogleアナリティクスに接続したりすることが可能になりました。これらの新機能を活用して、Googleデータポータルでさらに多くのデータにアクセスし、マーケティングの投資対効果の分析や意思決定に役立てることができます。

Google サーベイは、ターゲットとなるユーザーの考えを理解するための貴重なインサイトを、迅速かつ費用対効果の高い方法で得ることができます。従来の市場調査と比較して、よりスマートで迅速なビジネス上の意思決定を行うために必要なインサイトを収集することができます。今回のGoogleデータポータルとの統合により、Google 広告やGoogle アナリティクスなどのソースから得られるマーケティングデータと一緒に、Google サーベイのデータをすばやく可視化することができます。

Google データポータル上で表示されたGoogle サーベイ のレポート 

また、「Google サーベイ」のデータを簡単に視覚化できるようになりました。「Google サーベイ」で [View report in Data Studio] をクリックすると、アンケートデータがテンプレートとして表示され、数回クリックするだけでカスタマイズして共有することができます。

ワンクリックでデータポータルにレポートを表示

Google サーベイへのアクセスの拡大に加えて、Google Analytics 4プロパティのサポートも発表されました。ユニバーサルアナリティクスのプロパティと一緒に、Data StudioでGoogle Analytics 4のプロパティに接続できるようになりました。

Google データポータル上に表示されたGoogle アナリティクス 4 のレポート

より良い意思決定を行うために必要なデータにアクセスすることは、最初の一歩に過ぎません。データから洞察を得て、その洞察を関係者に伝える最善の方法を決定するのは、困難で時間のかかることです。Google広告や検索広告360などの共通のデータセットに対応した新しいマーケティングテンプレートを利用することで、より簡単に始められるようになります。データポータルのギャラリーでは、30以上のソリューションをご紹介しています。

データポータルソリューションギャラリーの新しいGoogle広告パフォーマンスレポート

これらの新しいデータ接続やテンプレートソリューションが、お客様のインサイトの発見や意思決定にどのように役立つのか、私たちは楽しみにしています。コミュニティフォーラムで、何がうまくいっているのか、何を期待しているのかなどをお聞かせください。

杓谷 匠杓谷 匠

1984年生まれ。2008年に新卒でGoogleに入社して以来、一貫して運用型広告の世界に従事。2010年にスタートアップに参画するも、川原で膝を抱える日々を経験。その後、Tripadvisor、Google、ATARAを経て、2019年に英国に籍を置く世界最大級のGMPパートナーJellyfishの日本法人の立ち上げに参画。