杓谷総研について

「キャンペーンマネージャー」の使い途を2020年に考える

杓谷総研のブログについて

杓谷総研とは、杓谷 匠(しゃくや たくみ)が運営する、Googleを始めとする最先端のマーケティングテクノロジーに関する研究を行う”シンクタンク”です。Institute of Advanced Marketing Technology を標榜しておりますので、これまでにないマーケティングの手法などを積極的に研究していきたいと考えています。

シンクタンクと銘打ってはおりますが、杓谷個人で運営しておりますので、現時点ではただのブログです。また、ブログの内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

書いていくこと

この杓谷総研のブログでは大きく分けて2つのことを書いて行こうと思っています。

  1. 運用型広告、特にGoogle Marketing Platformについて
  2. その時々のコラムまたはエッセイ

2019年にJellyfishに入社して以来、Google アナリティクスや検索広告360などをはじめとするGoogle Marketing Platform (以下GMP)に携わるようになりました。私の知る範囲では、検索広告360、ディスプレイ&ビデオ360、キャンペーンマネージャーなどのツールを自信を持って使いこなせる、という方は日本で200名以下なのではないかと推測しています。

その影響からか、Google広告などに比べて日本語で実例を交えて解説しているウェブサイトはほとんどありません。Google広告やYahoo!広告に慣れ親しんでいる人でも、概念が少し異なるため、初見の方はつまづくのではないかと思っています。広告の運用者の皆様ならわかると思いますが、自分の行った設定が合っているのか否かわからない時ほど神経をすり減らせることはありませんよね? 微力ではありますが、この杓谷総研の活動を通じてそんな人の手助けになれたらと思っています。

…and in the end the love you take is equal to the love you make.

The Beatles “The End” ABBEY ROAD

加えて、今の仕事についてから様々な人と初対面でお会いする機会が増えてきました。自分のこれまでのキャリアについて知ってもらったり、人となりを知ってもらった方が仕事がしやすいなと思う機会が何度かありましたので、自分のことを知ってもらう意味でも趣味のことなどについても書いていきたいと思います。

筆者について

fabicon

杓谷 匠 (しゃくや たくみ) 1984年生まれ。2008年に新卒でGoogleに入社して以来、一貫して運用型広告の世界に従事。2010年にスタートアップに参画するも、川原で膝を抱える日々を経験。その後、Tripadvisor、Google、ATARAを経て、2019年に英国に籍を置く世界最大級のGMPパートナーJellyfishの日本法人の立ち上げに参画。

著書

運用型広告にまつわる書籍をいくつか出版しています。これから運用型広告の世界に入られる方にはうってつけだと思いますので、新卒の方や中途採用の方におすすめいただければ幸いです。

『いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告 「いちばんやさしい教本」シリーズ』

  • 発売日:2018年10月19日
  • 出版社:インプレス
  • 著者
    • アナグラム:田中 広樹
    • アユダンテ:宮里 茉莉奈
    • アタラ:杓谷 匠
  • 定価
    • Kindle:891円
    • 単行本:1,980円
  • ISBN-13: 978-4295004943








『インターネット広告の歴史と未来(MarkeZine Digital First)』

  • 発売日:2019年3月29日
  • 出版社:翔泳社
  • 著者:アタラ合同会社
  • インタビューワー:杓谷 匠
  • 定価Kindle:693円(Kindle版のみ)
  • ASIN: B07PM4FRMV

Google、Overture(現Yahoo!広告)の日本法人立ち上げの当事者から直接お話を伺い書籍にまとめています。








これから少しずつ出来る範囲で記事を公開していきたいと思いますので、温かい目で見守っていただければ幸いです。

杓谷総研

FREE
VIEW