杓谷総研について

杓谷総研は、Googleをはじめとする最先端のマーケティングテクノロジーを研究するシンクタンクです。

世界各国で人々が利用するメディアの中心が、テレビやラジオなど電波を利用する「放送」から、インターネットに代表される「通信」に本格的に移行しようとしています。これまで以上にGoogleをはじめとする「通信」に即したマーケティングに関するノウハウが重要となってくることが想定されます。

杓谷総研では、このような来たるべきマーケティング業界の大きな変化に備え、各プラットフォームのアルゴリズムを精査し、運用ノウハウをフレームワーク化するだけでなく、GDPRやCCPAなどをはじめとする法律への対処方法、日本企業がインターネットを活用したマーケティングを国内外問わずスムーズに活用できるようにすることを目指します。

そのスタートとして、Google、Facebookなどをはじめとするいわゆる「GAFA」を中心に研究を進めていきます。特に、業界のエコシステムの違いから海外と日本で情報格差の大きい Google Marketing Platform をテーマに取り上げます。Google Marketing Platform は検索広告360、ディスプレイ&ビデオ360、キャンペーンマネージャー、Googleアナリティクスなどをはじめとするツール群の総称です。日本においてはその普及率の低さからか、Google自体も公式に日本語によるブログを公開していない状況です。まずは最新情報を翻訳して解説していくところから進めて参ります。

最後に、本ウェブサイトは、杓谷 匠(しゃくや たくみ)が個人で運営するブログであり、所属する組織の公式見解とは一切関係ありません。

著者について

fabicon

杓谷 匠 (しゃくや たくみ) 1984年生まれ。2008年に新卒でGoogleに入社して以来、一貫して運用型広告の世界に従事。2010年にスタートアップに参画するも、川原で膝を抱える日々を経験。その後、Tripadvisor、Google、ATARAを経て、2019年に英国に籍を置く世界最大級のGMPパートナーJellyfishの日本法人の立ち上げに参画。

著書

『いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告 「いちばんやさしい教本」シリーズ』

  • 発売日:2018年10月19日
  • 出版社:インプレス
  • 著者
    • アナグラム:田中 広樹
    • アユダンテ:宮里 茉莉奈
    • アタラ:杓谷 匠
  • 定価
    • Kindle:891円
    • 単行本:1,980円
  • ISBN-13: 978-4295004943

 

 

 

 

 

『インターネット広告の歴史と未来(MarkeZine Digital First)』

  • 発売日:2019年3月29日
  • 出版社:翔泳社
  • 著者:アタラ合同会社
  • インタビューワー:杓谷 匠
  • 定価Kindle:693円(Kindle版のみ)
  • ASIN: B07PM4FRMV

Google、Overture(現Yahoo!広告)の日本法人立ち上げ当事者から直接お話を伺い書籍にまとめています。