ECサイトのビジネスを加速させるための取り組み

2021年2月、GoogleはECサイトのビジネスを加速させるための取り組みについての発表を行いました。

GoogleのGoogle Ad ManagerのHead of Retail Media PartnershipsのSamantha Kahn(サマンサ・カーン)氏と、Googleマーケティングプラットフォームの小売業界のIndustry Head、Adam Smoler(アダム・スモラー)氏によれば、かつてないほど多くの人々がオンラインで商品を閲覧・購入するようになり、小売業者には需要とデータが急増していると言います。

このような消費者行動の変化により、小売企業は、ECサイトなどに代表されるリテールメディア事業を展開することで、ブランドパートナーとの関係を深め、新たな収益源を確保し、ショッパーエクスペリエンスを向上させることができるようになりました。 

リテールメディアは、広告管理からクローズドループ測定まで、統合されたテクノロジーシステム上に構築されており、サイトトラフィックをインサイトに変えることで、小売企業は顧客のニーズをより深く理解することができます。これらのインサイトとファーストパーティデータを活用することで、小売企業はブランド向けにカスタマイズされた広告サービスを開発することができ、お客様が探しているものをより早く見つけられるようになり、それが売上増につながることが多いのです。

このガイドでは、お客様の目標に合わせて柔軟に拡張できるリテールメディア事業を展開するために必要なテクノロジーやメリットについて詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

小売業者とそのブランドパートナーにとってのチャンス

Eコマースが成長を続ける中、ブランドは、オンライン上の小売業者にマーケティング費用をより多く費やしたいと考えており、統合されたデータと顧客体験の全体像を提供できる小売業者との提携を求めています。リテールメディア事業を立ち上げることで、小売企業は、ブランドの予算を利用しながら、より頻繁に、よりパーソナライズされたプロモーションで顧客との接点を持つことができます。

例えば、ベスト・バイは最近、著名なスマート家電ブランドのマルチチャネル広告キャンペーンを実施しました。ベスト・バイのファーストパーティ・データを利用して、Bestbuy.comやウェブ上の買い物客にリーチしました。ベスト・バイは、テクノロジーの導入により、広告の測定と最適化を一元化し、コンバージョン率を最大45%向上させ、パートナー・ブランドの広告費に対するリターンを10倍にすることができました。

エンド・ツー・エンドのリテール・メディア・ソリューションの構築

Google は、ファーストパーティデータの影響を最大限に活用したいと考えている企業に対し、リテールメディアビジネスの構築に役立つテクノロジーとガイダンスを提供しています。プライバシーを重視したGoogleのソリューションは、お客様の組織に合わせてカスタマイズすることができ、拡張性にも優れています。ビジネスの成長に合わせて、他のツールを自分に合った方法で統合することができ、小売メディアビジネスを目標に合わせて柔軟にカスタマイズすることができます。

Googleのテクノロジーを利用してリテールメディア事業を立ち上げれば、実用的なインサイトや、チャネル間のクローズドループ測定が可能になります。Googleのソリューションを個別にお使いの方も多いと思いますが、Google Ad ManagerDisplay & Video 360Search Ads 360Campaign Manager 360Analytics 360などのプラットフォームを統合することで、ビジネスのパフォーマンスに関する新たな見解や洞察を得ることができます。さらに、Googleのソリューションは、サードパーティのテクノロジーやお客様の独自のテクノロジーと統合することができるため、より幅広いソリューションを用いてリテールメディアビジネスを構築することができます。

広告配信機能、ホリスティックな測定、エンドツーエンドのキャンペーン管理の力を結集することで、小売企業は、広告主への提案力を高め、ファーストパーティのインサイトからより多くの価値を得ることができます。

最初の一歩を踏み出すために


Google の新しいガイドでは、小売店のメディアビジネスを構築するための洞察と方向性が示されています。Googleは、テクノロジーと専門知識を駆使してお客様のビジネスの売上向上を支援し、ブランドパートナーシップに付加価値を与えることができます。また、推奨される組織変更の準備や、クロスプラットフォームレポートの利点についてのベストプラクティスを紹介するとともに、厳選されたツールの詳細を紹介しています。最後に、小売店がリテールメディアに投資することで、売上拡大、ブランドとの関係強化、顧客体験の向上のためのチャネルをどのように開拓しているかをご紹介します。

杓谷 匠杓谷 匠

1984年生まれ。2008年に新卒でGoogleに入社して以来、一貫して運用型広告の世界に従事。2010年にスタートアップに参画するも、川原で膝を抱える日々を経験。その後、Tripadvisor、Google、ATARAを経て、2019年に英国に籍を置く世界最大級のGMPパートナーJellyfishの日本法人の立ち上げに参画。

関連記事