ディスプレイ&ビデオ360で、アフリカ系・ラテン系アメリカ人が保有するのパブリッシャーの在庫の検索が容易に

ディスプレイ&ビデオ360

2020年9月、Googleは近年のBLM(Black Lives Matter)運動の機運の高まりを受けて、アフリカ系・ラテン系アメリカ人向けのパブリッシャー(ウェブサイト)の広告在庫をディスプレイ&ビデオ360のマーケットプレイスで簡単に検索できるように機能追加したことを発表しました。

Google のディスプレイ&ビデオ360 のシニアプロダクトマネージャー、ジンニア・ツェン(Zinnia Zheng)氏によれば、マーケターから、アフリカ系・ラテン系アメリカ人のコミュニティが所有するウェブサイトを含む多文化パブリッシャーをどのようにサポートすればよいかという質問を受けました。

例えば、GroupMは、この分野の変革を推進したいと考えていると話しています。GroupM Multiculturalの社長であるゴンサロ・デル・ファ(Gonzalo del Fa)氏は、「広告予算をより様々な文化的コミュニティに対して網羅的に配分したいと考えているマーケターからの関心は非常に高いです」と述べています。「しかし、アフリカ系・ラテン系などの各文化に根ざしたのパブリッシャー(ウェブサイト)を見つけ出し、広告を配信することは難しいのです」とも述べています。GroupMでは、これらのコミュニティが作成したコンテンツをサポートすることを優先事項としており、そのサポートを促進するための新しい方法を常に探しています。

Googleは、黒人やラテン系のパブリッシャーをサポートするというコミットメントの一環として、ディスプレイ&ビデオ360 のマーケットプレイスで、より多様なパブリッシャーを発見し、サポートするための新しい方法を紹介しています。

まず、マーケットプレイスにアクセスすると、アフリカ系・ラテン系などをはじめとする多文化パブリッシャーの在庫が含まれていることが明確に表示されたオークションパッケージをすぐに見つけることができます。これらのパブリッシャーは、ディスプレイ&ビデオ360 エクスチェンジ に参画しているパートナー会社と協力して、多文化コミュニティのメンバーが所有しているウェブサイトであることを明示し、このプログラムへの参加を選択しています。

第二に、同じ指標を使用して、多文化コミュニティのメンバーが所有するプロパティをマーケットプレイスで簡単に発見できるようにし、そのようなプロパティを簡単に選択して、メディアプランに追加することができます。


これまで通り、ディスプレイ&ビデオ360 では、広告主が人種、宗教、民族、性的指向などのカテゴリに基づいて広告をパーソナライズすることはポリシー上認めていませんが、このプログラムはこの点では何も変更しません。むしろ、これらの新機能は、多文化コミュニティの自称メンバーが所有するビジネスをサポートしたいと考えているマーケティング担当者が、そのような在庫を見つけるのに役立てるだけに使用します。

ソース:New ways to support multicultural publishers in Display & Video 360
ディスプレイ&ビデオ360のマーケットプレイスのFeaturedタブで、アフリカ系・ラテン系コミュニティが所有するオークションパッケージや在庫にアイコンが表示されるようになります。

米国の広告主向けに、まずアフリカ系アメリカ人がオーナーのパブリッシャーをハイライトすることから始め、近日中にこれらの変更点を展開します。アフリカ系アメリカ人が所有するパブリッシャーについては、以下のExchange パートナーと協力して、ディスプレイ&ビデオ360 でこのインベントリをハイライトしています。

Google Ad Manager、GumGum、Kargo、Magnite、TripleLift、Verizon Media、Xandr、Yieldmo。

この取組みをアフリカ系アメリカ人以外のコミュニティにも拡大しつつ、マーケターが多様なパブリッシャーのコンテンツをサポートできるようにするための新しい方法を今後も模索していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローをお願いします。
最新の記事をSNS経由でお知らせします
この記事を書いた人
杓谷 匠

1984年生まれ。2008年に新卒でGoogleに入社して以来、一貫して運用型広告の世界に従事。2010年にスタートアップに参画するも、川原で膝を抱える日々を経験。その後、Tripadvisor、Google、ATARAを経て、2019年に英国に籍を置く世界最大級のGMPパートナーJellyfishの日本法人の立ち上げに参画。

杓谷 匠をフォローする
ディスプレイ&ビデオ360
スポンサーリンク
杓谷総研
杓谷総研

FREE
VIEW